キャッシングは限度額で選ぶ@借りる金額で選んだ一覧表

キャッシングの限度額は非常に重要です。お金を借りることができても、希望の金額に達していなければ意味がありません。
Home » 総量規制で変わる限度額

総量規制で変わる限度額

財布のお金キャッシングの限度額は総量規制によって、年収の3分の1までと決められています。ですが、一般的に職業にもよりますが、最初の取引では50万円以下に制限されています。

カード会社、および貸金業者は、キャッシングで一度に50万円を超えるような取引をする場合、借入申込者の収入を証明する書類の提出を求めることになります。また、初回の取引では実績がないため、この限度額は小さなものとなることがほとんどです。

このように、キャッシングの限度額は最初の取引金額はそれほど大きなものにならないのが特徴です。ですが、しっかりと実績を重ね、返済などの対応をしていくことによって、キャッシングの限度枠がある程度大きくなることがあります。

キャッシングの限度額は、取引をするカード会社、もしくは貸金業者によっても基準が違うため、独自に判断されることになります。クレジットカードにキャッシング枠が付いている場合はショッピングの利用枠と一緒になっている場合があります。

ショッピング・キャッシングの合計限度額が50万円の場合、ショッピングで30万使ってしまうと、キャッシングは残りの20万しか使えません。

キャッシングの限度額は業者によっても違いますが、一般的に50万円から500万円と金額に開きがあります。また、金額が大きいキャッシングに対応しているのは、大手銀行系のカードローンなどで、この場合には一定の年収や社会的信用が必要となります。キャッシングの限度額が大きいほど、借入の自由度が広がり、利息も低めに設定されることになります。

注意点としては、必ずしも限度額ぎりぎりまで借り入れをする必要はなく、自己の返済計画に合わせて借入をすることが必要です。銀行系のカードローンであれば、総量規制の対象とはなりませんが、金利は数パーセントから10パーセント台と、決して低くはないので最終的な返済をどのようにするか、冷静に判断してください。

クレジットカードのサイト
クレジットカードのショッピング枠は対象外だが、キャッシング枠は総量規制の対象となる。

総量規制が原因でクレジットカードの審査に通らないこともしばしば・・・。

参考:http://xn--lck0cthr40opvm.jp/

合わせて読む

総量規制とは http://www.0570-051-051.jp/contents/user/1-1.html